テグレドールの画像

てんかん治療にテグレトールは効果的です。てんかんにも色々と種類はありますが、テグレトールは興奮状態を抑える働きをします。こちらではテグレトールの特徴などを詳しく説明していきます。

プロポリスよりも良い変化が感じられるテグレトール

テグレトールという薬は、神経細胞膜と呼ばれるものを安定させることができる働きがあります。
中でも、気分が落ち込んだり高まるといったことを繰り返す双極性障害に効果的です。
双極性障害は、脳の内部に機能的な異常が見受けられると考えているのですが、具体的に異常が引き起こされているしまう理由は定かになっていないのです。
そこで、テグレトールを服用すると気分を一定の水準で保つことができるようになり、穏やかに過ごすことが可能になります。
良い効果が感じられることは判明しているのですが、どのような仕組みによって効果が現れているのかは現在においても解明されていません。
そのような状況下でテグレトールが作用している機序というのは、神経細胞膜が安定を安定させられることと言われています。
この仕組みにはナトリウムイオンが関係していることを理解しておくとテグレトールが良い働きをする機序が理解できます。
一般的な神経細胞においては、内側がマイナスになっており外側がプラスになっていて、いわゆる電位差が生じています。
ナトリウムというのはプラスイオンなので、ナトリウムイオンが細胞の内部に侵入してくることにより神経細胞が興奮状態になるのです。
テグレトールを体内に摂取するとナトリウムイオンが通過する経路をブロックすることができるため細胞の内部に入ることができなくなり細胞が興奮しなくなるという仕組みです。
結果的に神経細胞膜を安定化させることが可能なのですが、実はプロポリスにも同一の作用があると言われています。
しかし、プロポリスは著しく良い変化を感じることが難しいと言われており、テグレトールのようにすぐに良好な様子にはなれません。